物流加工について
2017.05.23

ガッツポーズ物流を取り扱っている倉庫には、物流加工・流通加工という作業があります。
物流加工・流通加工とは、流通において、商品価値を向上する目的によって多くの加工をすることです。
この作業はたいてい物流センターや倉庫などで行われるのが基本となっています。
具体的な物流加工の例として一番有名なのが包装・梱包・封入などがありますね。
みなさんもネットショッピングなどをしたときに、包装や梱包されて送られてくる商品を目にしていると思います。
また、検品や組み立て、研修や補修などの物流加工のひとつです。
このほかにも、まだまだあるんです。
「小分け」という作業は、大きな容量をもつ容器から、販売にあった大きさの容器に替えたりすることです。
「タグ付け」という作業は、ラベル貼りのようなもので、値札とか、よく見かける衣料品などの洗濯表示のマーク等を取り付けたりします。
「検針」という作業は、アパレル関連衣料の製品に針がないかを調べる作業です。
たしかに、物流においてアパレル関連の衣料で針のチェックをしてもらうのはありがたいでしょうね。
このように、物流加工には多くの作業があるのです。
普段なにげなくネットショッピングなどで買っている商品にも、物流加工などによって多くの人が関わっているということですね。
現在、流通加工における要求が多様化していて、これがこれからのロジスティクス改革におけるポイントのひとつともされているんです。
また、これらは当然ながら自動化するのが難しいので、人手がたくさん必要な作業があります。
なので、倉庫における物流加工は、経営側にとってどうしても人件費がかさむということになります。
人件費がとにかくかかる物流加工・流通加工は、もちろん輸送や保管業務にとって必要不可欠です。しかし経営する側にとってはコスト削減は至上命題、永遠の課題ですよね。
このような人件費の削減のために、現在は「物流加工サービス」「流通加工サービス」といったものも存在します。人のネットワークを生かした、物流加工の工程をサポートするサービスで、パッケージ入れや値札・シール貼りといった作業も代行してくれます。
熟練の職人による、迅速で丁寧な作業によって面倒となる加工業務における効率化が可能で、コストの削減が期待できます。また、豊富な流通加工サービスの経験で、倉庫にある製品の付加価値をアップすることもメリットです。
「どうしても人手が足りない!」という物流倉庫の経営者の方は、考慮してみてはいかがでしょうか?
メリットとしては
・営業拡大ができる
・ランニングコスト低減できる
・人件費の削減ができる
・受注範囲が拡大できる
・作業管理/労務管理が軽減できる
といったものがあるでしょう。
ただ、もちろん料金が発生するので、このサービスはある程度の規模の会社が利用するのがベストです。

▲ ページトップへ